宝くじの購入前に!税金との関係について

宝くじの税金


夢の宝くじが高額当選したら、税金はどうなるの?

ジャンボ宝くじで高額当選したい!と思ったら、当然のことですが、宝くじを購入しなければ当たることはまずありません。そして、もし、ジャンボ宝くじが当選したら、税金との関係はどのようになるのでしょうか。

宝くじで当選金が得られた場合、基本的に当選金の大小に関わらず非課税となっているので、当選金額が10万円でも1億円でも課税されることはありません。宝くじと税金との関係については、意外と知られていないようですが、宝くじを購入する時点で、購入金額に対してある一定の割合で税金が納められているため、受け取る当選金によって課税されることはありません。

ただし、これは個人的に宝くじを購入して、当選金を受け取り、本人がまるまるそのお金をもらう場合です。高額当選して、親や兄弟に当選金の一部、または全額を渡すとなると、「贈与」することになるので、そのお金を受け取った人は贈与税が課税されることになります。贈与税がいくら課税されるか、これを贈与する金額が110万円を超えた場合です。

高額当選して、お金を身内に分配する場合のことを考えて、やはり宝くじと税金に関する知識を正しく理解しておく必要があります。


宝くじの当選金を受け取る時に証明書を発行してもらうこと

宝くじが当選して、当選金を受け取る場合、とくに非課税なのでこれによって所得税や住民税が課税されることはありませんが、当選してお金を受け取る時には、当選証明書を発行してもらい、きちんと保管しておくことです。

宝くじの当選金を人に分配したときに課税される贈与税は、年間で110万円を超える場合に最大で50%も課税されるので注意が必要です。極端に言えば、当選金のうち、1億円を身内や知り合いに贈与すると、贈与された人がほぼ5000万円もの贈与税を課税する義務が生じるわけです。

宝くじが高額当選した本人が、当選金で車や住宅を購入、または新規事業をスタートする場合などに、国税局からお金がどこから出るのか、尋ねられる場合のことを考えて、宝くじの当選証明書が1枚あれば、出所がわかるのでいざという時のためにも、きちんと管理しておきましょう。


ピックアップ

 

宝くじの購入前に!税金との関係について