宝くじに関する素朴な疑問を解消しよう

宝くじQ&A


そもそも宝くじはなぜ当選金がもらえるの?

給料日前など、お金が少なくなった時に、何気なく「宝くじでも当たったらいいなあ。」とつい独り言が口から出ることはありませんか?た そもそも宝くじとは、なぜ当選したらお金がもらえるのか、その仕組みはどのようになっているのでしょうか。

そもそも宝くじとは、各都道府県で取り扱われている公営くじのことを言い、宝くじに関する法律は終戦から3年後、1948年に当選金付き証票法によって制定され、これに基づいて宝くじの発売や抽選、当選金の受け取りなどについて健全に運営されています。

宝くじの当選金は、宝くじを1枚いくらといった形で発売して、売上から広告費用や経費などを差し引いた分の売上の分が、当選金として1等、2等といった形でそれぞれ当選金が決められていて、当選した人に対して分配されています。

宝くじの当選金の支払いはみずほ銀行が指定されており、みずほ銀行に合併される前は、第一勧銀が宝くじを取り扱っていましたね。今は、みずほ銀行に宝くじ売り場が隣接されており、もともとはみずほ銀行のルーツとされる日本勧業銀行が、タイへ羽陽戦争前の時代より、特殊な金融機関として扱われていたこともあり、現在に至るというわけです。


宝くじに当たるための有利な方法やコツはあるの?

よく雑誌やテレビの懸賞に応募して頻繁に当たる人もいれば、何度応募してもまったく当たらない人もいるようです。宝くじがこれまでに何度も当たった人は、果たして存在するのでしょうか。

金運を高めるために、宝くじを購入する売り場の方角をわざわざ調べる人もいますが、とくに風水や方角に関係なく、よく当たる人もいるようです。中には宝くじを買う日にこだわる人もいます。結婚式の日取りを決めるかのように、大安や友引にこだわる人もいるようです。

しかし、とくに方角や風水、暦にはまったく関係なく、こればかりはその時の運ですから、必ずしもこれをしてから宝くじを買えば絶対に当たる!とは言えません。宝くじは1度に多くの枚数を購入する人もいますが、必要以上に宝くじにお金をつぎ込むのではなく、貯金をすることも十分に考えて、生活の中に少し楽しみを見つける程度にして、当選することにあまり期待しすぎないほうが良いかもしれませんね。


ピックアップ

 

宝くじに関する素朴な疑問を解消しよう