宝くじで夢を買う

宝くじ


わたしたちに幸せを運んでくれる宝くじとは

神社に行けばおみくじを引くことができますが、くじはくじでも、わたしたちに夢と希望を与えてくれるくじと言えば、宝くじですよね。宝くじを知らない人はまずいないと思いますが、宝くじが発売されるとすぐに買いに行く人もいれば、風水や方位学などの知識がある人は、場所や時間を選んでから行く人もいるようです。

宝くじについて知っているつもりでも、どこで発行されているのか、どのような目的で発行されているのか、意外に知らない人が多いようです。そもそも宝くじとは、どのようなものを指しているのか、詳しくご紹介したいと思います。

宝くじを買えば大きなお金が当選するチャンスがあることは誰でも知っていますが、宝くじが発行されるようになったのは、昭和23年に制定された法律で当選金付証票法に基づき、発売される券のことを言います。宝くじ自体は紙で作られていますが、すべての宝くじに番号が振られていて、抽選が行われて当選した場合は、お金を受け取ることができます。

宝くじを購入したら、大きなお金が当たる可能性もあれば、少額当選する可能性もありますので、まさに夢と幸せをわたしたちに運んでくれるものと言えるでしょう。


そもそも宝くじが発売されるおもな目的とは?

宝くじに当たる人もいれば外れる人もいますが、そもそも宝くじが発売される目的は、何なのでしょうか。宝くじは、地方自治体の財政資金を調達することを目的として発売されており、宝くじ自体は抽選券としての役割を持っています。昭和23年に当選金付証票法が制定されましたが、実はそれよりももっと昔、江戸時代から、宝くじが発売されていたと伝えられています。

その後、明治時代には政府が禁止しましたが、復活したのは昭和の時代に入ってからのことです。昭和23年の当選金付証票法に基づき、冬至の日本勧業銀行が宝くじを発行することとなりました。その後、銀行の合併などにより、現在では、みずほ銀行から発行されています。近くにみずほ銀行があれば、宝くじ売り場が隣接されており、その他にもショッピングセンターなどに隣接されています。



ピックアップ

 

宝くじで夢を買う