ナンバーズの当選金と税金との関係は?

ナンバーズ


ナンバーズで当選したら税金はかかるの?

ナンバーズの購入・申し込みをしたら、その結果当選金をもらった! そのような場合、税金との関係はどのようになるのでしょうか。宝くじに当たったのは良いけれど、高額当選したら税金の支払いが面倒になるのではと心配する人もいるようです。

そもそも、宝くじと税金についてはどのような関係になっているのか、宝くじやナンバーズを購入する前に知っておきたいですよね。当選金付属証票法と呼ばれる法律に基づき、当選金については所得税の課税の対象外、つまり非課税となっています。

納税の免除ではなく、宝くじやナンバーズの当選金は、すべて非課税扱いとなっているので、ご安心下さい。ナンバーズで当選した場合、当選金は高くても20万円~30万円程度ですが、ジャンボ宝くじではもっとも高額で当選した場合、数億円単位のお金を受け取ることになりますので、やっぱり気になりますよね。

高額当選してそのお金で不動産を購入した場合、万が一、税務署からお金の出所について尋ねられた場合や、税務調査されることになった場合にも、当選証明書を取り寄せてそれを見せれば大丈夫です。


宝くじやナンバーズの当選金は懸賞の当選金とは違う

宝くじやナンバーズ、ロトで当選金を受け取った場合は、基本的には非課税扱いとなりますが、懸賞に当たってお金をもらった場合は、一時所得となります。また、競馬や競輪などのギャンブルでお金を受け取った場合にも一時所得となります。

株式投資やFXなどの投資をしていて、売却益を得た場合は譲渡所得、株式投資で配当金を受け取った場合は、配当所得として計上します。ロトやナンバーズ、宝くじは、当選金付属証票法と呼ばれる法律に基づき、金額の大小に関係なく非課税となります。

しかし、例外的なケースもありますので、ナンバーズや宝くじを購入する前には、必ず理解しておく必要があります。当選金を家族で分配する場合やグループで分配する場合、受け取った金額のトータルが110万円を超える場合は、贈与税の課税対象となります。

ナンバーズで当選金を受け取っても、当選金自体が高額ではないので、家族や友人で分配することはまずないと思いますが、税金の基礎知識として理解しておきましょう。



ピックアップ

 

ナンバーズの当選金と税金との関係は?