ロト6・ロト7・ミニロトの特徴の違いは?

ロト6、ロト7


ロト6・ロト7にはない! ミニロトならではの特徴と魅力とは

選択式の宝くじではナンバーズ3、ナンバーズ4、ロト6、ロト7に人気が集中していますが、この他にもうひとつ選択方式の宝くじがあることをご存知でしょうか。その名もミニロトといい、ロト6やロト7と比較すると、さらに選択する数字の数が少なくなります。

ミニロトは、基本的な仕組みはミニ6・ミニ7とほぼ同じで、1から31までの数字から、任意に5種類の数字を選択して申し込み・購入します。ミニロトの1等の当選金は約1,000万円と言われており、ロト6・ロト7と並んで根強い人気があります。

基本的には、任意で2桁の数字を5つ選択しますが、自分で選ぶのが面倒な場合は、クイックピックで自動的に選択することもできます。数字を予測するのは難しいので、なかなか決められない日とは、クイックピックをおおいに活用するのも良いですね。

それでは、ミニロトの1等に当選する確率は、どのくらいなのでしょうか。当選確率は約17万分の1とも言われており、2等の当選確率は約33000分の1、2等の当選金は約15万円です。


キャリーオーバーなし! 当選確率はロト6・ロト7より高い

ミニロトでは、キャリーオーバー制は採用されていないので、1等の当選者がいない場合に、次回に繰り越しされることはありませんが、ロト6・ロト7と比較すると、ミニロトの1等~4等までの当選確率は高くなっています。

2等~5等までの当選金は、ロト6・ロト7に比べるとかなり低いですが、当選確率が高いことではおおいに希望が持てることと思います。ロト6・ロト7と同様に、1~4等までのすべての等級において、当選者がゼロの場合は、再度抽選が行われることになります。

ロト6・ロト7に比べると、ミニロトはまだまだなじみが薄いかもしれませんが、少額で良いので宝くじを当てたい!と切に願う人には根強い人気があります。ミニロトは、毎週火曜日に抽選が行われており、ロト6・ロト7と同様に夢ロトくんの抽選機によって、抽選結果が発表されています。



ピックアップ

 

ロト6・ロト7・ミニロトの特徴の違いは?