宝くじの気になる当選金額・当選確率はどれくらい?

宝くじ


宝くじを購入する前に! 還元される割合について知っておこう

宝くじは買わなければ当たらないけれど、買ったからといって必ずしも当たるわけではありません。宝くじを買ったすべての人に、お金がもらえるわけではなく、抽選券として宝くじを受け取っているからです。

宝くじを10枚買って1等に当選したい!と思っていても、その願いをかなえるのは難しいことです。宝くじを購入したら、どれくらいの割合で還元されるのか、知っておくと良いですね。

宝くじはとくにギャンブルではなく、株式投資やFXのような投資でもありませんが、宝くじを何枚か買うことによってお金を出すわけですから、ある意味、投資することでもあります。そこで、宝くじを買った場合、どれくらいの割合で還元されるのか、考えてみたいと想います。

簡単に言えば、お金を投資した分、どの程度の割合でお金が還元されるのか、その割合について計算すると、すべての当選金のトータル金額を宝くじの総売上のトータルで割り算すると、還元率を算出することができます。

宝くじを10枚買って、その中で1枚も当たらない人もいますが、宝くじの還元率は意外と高く、40~45%とも言われています。


宝くじ1等・2等の高額当選金額・確率はどれくらい?

全国各地に数多くの宝くじ売り場が点在していますが、お店の看板に「1等当選●本出ました」などと書かれてあると、「この宝くじ売り場なら1等、2等とまではいかなくても、3等か4等が当たるかも!」と、つい期待しちゃいますよね。

それでは、宝くじ1等が当選する確率はどれくらいなのでしょうか。1等に当選する確率は1000万分の1、そして2等に当選する確率は約333万分の1とも言われています。もっとも下の等級にあたる6等に当選する確率は10分の1です。

6等の当選金は300円、5等は3000円、4等は10万円となっていますが、6~4等まで当選したら、「宝くじが当たった」というよりは、おこづかいが増えたという感覚で、楽しみが増えると思います。


こちらは第704回年末ジャンボ宝くじ(抽せん日:平成28年12月31日)の当選金額・確率です。

等級 当せん金額 当選確率
1等 7億円 2000万分の1
1等の前後賞 1億5千万円 1000万分の1
1等の組違い賞 50万円 10万分の1
2等 1500万円 100万分の1
3等 100万円 10万分の1
4等 1万円 1000分の1
5等 3000円 100分の1
6等 300円 10分の1
当ジャンボでは1ユニットが2000万本となっています。従来は1ユニット1000万本だったので1等の当選確率は1000万分の1でした。



ピックアップ

 

宝くじの気になる当選金額・当選確率はどれくらい?